スクール方針

創造性豊かな選手を育てるには小学校で心・技・体の基盤をつくる事が重要です。
「CLEO」とはラテン語で「創造」を意味します。

創造力豊かな選手を育成する為には、ジュニア世代では、心・技・体の基盤をつくってあげる事が非常に大切だと考えています。
サッカーでは90分の試合の中でボールを触っているのは、あのメッシ選手ですら3分程だと言われています。

それ以外ではラン、ジャンプ、ボディーコンタクトなど身体面、パスかドリブルかシュートの判断、 諦めない気持ち、謙虚さなど心理面や考える力が必要で、それらを生かす為にパス、ドリブル、トラップ、シュートなどの基礎技術が必要になってきます。

基礎技術がしっかりしていれば試合中に余裕ができ、色々なアイデアが浮かんできます。
結果、創造力豊かなプレーへと繋がります。

Cleo Soccer Schoolでは狭いピッチの中で、アイデアを共有し、高い技術力と早い判断で、局面をいかに打開するかを重要課題としトレーニングしていきたいと考えています。​
そして、その為には基礎技術が大事なのは当たり前であり、それ以上に、早く走る、強いなどの身体面やメンタル面がとても重要だと考えています。
これらを念頭に置き、子どもたちのレベルに合わせて、明確に知らなければならない事、やらなくてはいけない事を伝えていきます。

コーチ紹介
スクール代表 三木 良太
選手歴 ガンバ大阪Jy→ガンバ大阪Y→ガンバ大阪→愛媛FC→ファジアーノ岡山FC
代表歴 U-16/17/18/19/20/21日本代表 北京オリンピック候補
指導歴 ヴィッセル神戸スクール コーチ/ディオススポーツクラブ コーチ
資格 理学療法士

大学生を中心にして、サッカー経験者の指導者10名ほどが補助として従事しています。

入会に関する資料

入会申込書はこちら

体験申込案内